部屋を綺麗に保つコツは捨てること!スッキリ片付く収納のポイント!

スポンサードリンク

 

片付けが苦手な方にとって、部屋を綺麗にすること、そして綺麗な状態を保つことは、すごくハードルが高い作業のように感じられるかもしれません。

気が付くといつのまにやら部屋の中に物があふれ、どこから手を付けたらいいのか分からない状態に・・・

でも大丈夫です!

これからお伝えするポイントを順番にクリアしていくことで、あなたのお部屋がスッキリと片付き、そしてその状態をいつまでも維持することが出来ます。

そのために抑えるポイントはたったの3つだけ。

では早速始めてみましょう!

まずは捨てる事から

部屋 綺麗

片付けが苦手な方に、必ずと言っていいほど共通するのが「物を捨てられない」ことだと思います。

・いつか使うかもしれない

・せっかく買ったのに勿体ない

・いただいたものだから捨てられない

など・・・

捨てられない理由はいろいろあるかと思いますが、それらも発想の転換次第で片付けモードに変えられます!

「いつか使うかもしれない」と思って取っておいたもので、その「いつか」が来た事は今までどのくらいありますか?

目安として二年間使う事がなかった物は、とりあえず必要の無い物だと判断し、勇気をもって処分しましょう。

特に洋服はシーズン毎に新しい服が増えていきがちなので、「一着買ったら一着捨てる」を徹底すれば、それだけ でクローゼットがパンクする事がなくなります。

「せっかく買ったのに勿体ない」、「いただいたものだから捨てられない」も然りで、出番の無い物は持っていても宝の持ち腐れ。

リサイクルショップに持っていく、ヤフオクに出品するなど、今は様々なリユース方法がありますので、それらを利用してお宝は生かしつつ、自分の部屋を整理整頓していきましょう。

宮根誠司が見事な筋肉美を作った肉体改造に学ぶダイエットの極意!

カテゴリー別に物の置き場所を決める

部屋 綺麗

引き出しを開けると、人からもらった写真や化粧品のサンプル、使ってないキーホルダーetc・・・

物を収納する時に、漠然と身の回りの物を放り込んでいませんか?

私たち人間に自分の家や部屋があるように、物にもきちんと置き場所(物にとっての部屋)を決めてあげ ましょう。

例えば、引き出しの一段目は筆記用具などの文房具類、二段目は替えの電池やドライバーなどの電気系の物といった感じで、カテゴリー別にしまう場所(部屋)を決めておきます。

そうする事で部屋がスッキリするのはもちろん、探す時にもすぐに場所が分かるため、物が見つからないストレスからも解放されます。

また、洋服を片付ける際もTシャツ類、ブラウス類、ニット類などとカテゴリー分けする事で、自分のワードローブを把握しやすくなり、洋服選びの時間を短縮することにもつながります。

そして、置き場所を決めたら必ず毎回そこへ仕舞う事

「出したら(使ったら)仕舞う」をルールにすれば、片付いた状態を常に維持する事ができます。

例えば食卓のテーブルに新聞誌などが置きっぱなしになっていませんか?

仕舞い忘れた新聞紙や身の回りの物も、三日、一週間と溜まっていくと、テーブルはどんどん物に占領されてしまいます。

結局のところ、部屋が散らかるのは「何気なく置いた物の積み重ね」ですからね。

塵も積もれば山となるの言葉どおりになる前に、出したものは元の位置に片付けましょう。

モスキート音が聞こえない原因は老化!耳年齢は鍛えたら回復する?

置き場所の容量以上に物をためない

スポンサードリンク

せっかく物の置き場所を決めても、その容量以上にどんどん物が増えていくと、それが片付かない原因になってしまいます。

納まらなくなったので、とりあえず別の適当な場所に置いておこう・・・

こういった行動は、せっかく片付いた部屋を真逆の方向へと向かわせてしまいます。

これは冒頭の「物を捨てること」にも繋がることですが、常に各々の置き場所の中に物が収まるよう心がけると良いですね。

その際にぜひ注意していただきたことは、物が入らなくなったからといって「更に置き場所を増やさない」ことです。

どうしても必要な物でしたら仕方がないのですが、何でもかんでもそうしていると、全体的な物の量が増えることに繋がり、結局物が溢れた散らかった部屋になってしまいます。

そうならないためにも、服と同じように「一つ増えたら一つ捨てる」くらいの意識は大切かもしれませんね。

野菜不足ですか?これで解消している人が急増中です!

最期に

私流の部屋を片付けるための3つのポイントについて、いろいろ解説してみました。

いかがでしたでしょうか?

いきなりこの3つを行うのは大変かもしれませんが、ご自分の出来る範囲で少しづつこなしていけば、必ず部屋をスッキリと片付けることが出来ると思います。

部屋が片付くと、物の置き場所が整った状態がいかに心地がよく、そして過ごしやすいかということを実感していただける かと思います。

そして、それはこの記事を読んだだけでは実現することはできません!

大切なことは目標を決めて行動することです。

この記事に出会ったことも何かの縁ですし、「思い立ったが吉日」とも言いますからね。

綺麗になった部屋を想像してみてください。

そして実際に綺麗にしてみて、その効果をご自身で感じてみてください。

綺麗な部屋の向こうにはハッピーが待っています!

最期までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も見ています

One Response to “部屋を綺麗に保つコツは捨てること!スッキリ片付く収納のポイント!”

  1. 断捨離できない人は買う度に何か一つ捨てるといいみたい - ひまひまつぶし より:

    […] 出典部屋を綺麗に保つコツは捨てること!スッキリ片付く収納のポイント! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ