武井壮が実践する分割睡眠法の時間と効果!百獣の王を目指す食事法

スポンサードリンク

 

武井壮さんが実践する分割睡眠法が注目を集めています。

武井壮さんは以前からあまり寝ないことが話題になっていたのですが、ある番組で検証した時の睡眠時間はわずか45分だったとか。

武井壮さんが実践する睡眠法と、分割睡眠の効果について、そして百獣の王を目指す武井壮さんの食事法についてもご紹介します。

武井壮の睡眠時間は?

武井壮 睡眠

武井壮さんといえば百獣の王を本気で目指すアスリートとして、広く世間に認識されていますね。

どんなときも白いタンクトップに黒いパンツがトレードマークで、決して筋肉ムキムキの体ではありませんが、陸上10種競技の日本選手権で優勝するなど、身体能力の高さは常人の域をはるかに超えていると思います。

そんな武井壮さんは以前から、あまり寝ないという話が話題になっていました。

なんでも普段の睡眠時間は1時間程度だというから驚きです。

そんな仮眠程度の短い睡眠をちょこちょこ取る分割睡眠法を実践しているそうなんですね。

武井壮さんにとって1時間程の睡眠時間があれば、普通の人が8時間位寝たのと同じ効果を感じられるそうです。

さらに普通に座って体を休めるだけで、寝てるのと同じように体の疲れも回復していくんだとか。

まさに武井壮さんの超人的なエピソードの一つだと思いますね。

ちなみに本家百獣の王である野生のライオンは13時間ほど眠るそうです。

肉食動物は全般的に長時間眠る性質があり、馬やロバの平均睡眠時間は3時間ほどと言われていますので、武井壮さんの睡眠のとり方は、どちらかと言うと草食動物によく似ていますね(笑)

武井壮が実践する分割睡眠の効果は?

武井壮 分割睡眠

一般的に言われている分割睡眠法とは、2~3時間の睡眠を数回とるといったやり方が推奨されています。

人間はもともとこの分割睡眠法を主流とする動物だったと言われていて、現代社会においても勤務時間が不規則なお仕事をされていて、きちんとした睡眠時間が確保できない方にこの分割睡眠法を推奨する意見もあります。

分割睡眠法が良いとされている理由としては、睡眠は最初の方が深く眠る傾向にあるからだそうで、それを繰り返すことで効率よく脳の疲れをとる効果が期待できるそうです。

ただ、この分割睡眠法は寝つきや寝起きが良い方は向いてるそうなんですが、そうでない方は行わない方が良いみたいですね。

僕はどちらかというと寝つきは良い方で、1日の平均睡眠時間は5時間程度です。

もともとは7時間位寝ていたのですが、時間の有効活用を意識しているうちにだんだん短くなってきました。

そう書くとカッコよく聞こえますが、要するに夜更かししてるだけなんですけどね(笑)

メインの睡眠を4時間~4時間半ほどとり、朝食後や昼食後に仮眠を取るようにしています。

ですので、僕も分割睡眠法の実践者と言っても良いかもしれませんね。

そんな生活を1年以上続けていますが、今のところ体は至って健康で風邪などもひくことはないのですが、10日に1度位どうしても睡魔に襲われるときがあり、そんなときは無理せず7時間ほど寝るようにしています。

僕の場合は4~4.5時間プラス30分程度の仮眠という分割睡眠法ですが、これは個人差がかなりあると思いますので、試される方は無理のない範囲で行っていただき、睡眠不足を感じる場合は実践しない方が良いと思います。

とはいえ、武井壮さんの1時間程度の睡眠時間は、分割睡眠法としてもかなり特異な方だと言っていいでしょうね。

90種類の酵素がとれるフルーツ野菜スムージー!おいしいから続けられる

武井壮が百獣の王を目指すための食事法とは

スポンサードリンク

睡眠時間が特殊な武井壮さんですが、食事法についてもかなり変わった考え方の持ち主です。

体作りを意識した食事法を実践されてるアスリートの方がほとんどだと思うのですが、武井壮さんはあまり食事や栄養に対して気にしないそうです。

炭水化物やたんぱく質といった体作りに欠かせない栄養素の他にも、脂物ジャンクフードなどの普通アスリートが避けるような食材もバンバン食べるみたいですよ。

そして摂取したカロリー以上に動いて消費することで、あの引き締まった体をキープしているようです。

細かいことを気にしてたら百獣の王にはなれない!と語っていて、そのあたりの物事への捉え方が武井壮さんの強さの秘密なのかもしれませんね。

睡眠や食事といった体作りには欠かせない要素を、常人と全くかけ離れた方法を実践し成果を上げている武井壮さん。

参考にはならないかも知れませんが、どんな状況でもプラス思考に捉えるところは見習うべき点だと思いました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も見ています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ