溶連菌に子供が感染した時の初期症状は?薬と尿検査で合併症を予防

スポンサードリンク

 

溶連菌感染症は特に5~15歳の子供に多い病気と言われています。溶連菌感染症は抗生物質による治療がとても重要です。溶連菌感染症の初期症状をよく理解して、もし子供が感染してしまった時は適切に対処してあげたいですね。そして、溶連菌感染症は再発や合併症を起こす可能性があるため、薬の飲み方には注意が必要です。

溶連菌感染症に子供が感染した時の初期症状は?

溶連菌 子供

症状の代表的なものは、38℃以上の突然の発熱(37℃台の微熱の場合もあります)と喉の痛みです。そして、体や手足、口の中に小さくて紅い発疹が出たり、舌にイチゴのようなブツブツができたり(イチゴ舌といいます)、首すじのリンパ腺が腫れることもあります。

風邪と違って咳や鼻水がほとんど出ないのもこの病気の特徴です。潜伏期間はおおよそ2~4日で、熱が出て喉の発赤(赤く腫れる)があれば、溶連菌感染症を疑って内科や耳鼻科で検査を受けた方が良いですね。喉についた細菌を検査する方法なら10分以内に結果が出ます。

溶連菌感染症の治療法は?

溶連菌感染症はウイルスが原因でかかる風邪とは違い、溶連菌による細菌感染症のため、抗生物質による治療が大変重要となります。薬を飲み始めると早ければ翌日には熱やのどの痛みがやわらいできます。服用して24時間たてば他の人には感染しないので、元気があれば登園・登校することも可能です。

薬と尿検査で溶連菌の合併症を予防しよう!

溶連菌 薬

症状がなくなり元気になると溶連菌感染症が治ったと勘違いしてしまい勝ちですが、ここで気を付けるのが、症状がやわらいでも処方された抗生物質をしっかりと飲みきるということです。長ければ10日間くらいの服用になる場合もありますが、抗生物質の服用を途中で怠ると、ときに心臓弁膜に障害を起こすリウマチ熱や急性糸球体腎炎といった合併症(続発性)につながることもあります。そうならないように抗生物質の服用は必ず最後まで続けるようにしてください。

発症後2週間後と3~4週間後に尿検査を行い、尿に異常がないことが確認されてはじめて完治したことになります。

90種類の酵素がとれるフルーツ野菜スムージー!おいしいから続けられる

溶連菌感染症は大人もかかるの?

スポンサードリンク

溶連菌感染症は子供がかかりやすい病気ですが、大人もかかることがあります。周囲に溶連菌に感染した人がいれば誰でもうつる可能性はありますので、発熱・咽頭痛・倦怠感・舌の赤いブツブツなどの症状が見られたら、近くの内科か耳鼻科を受診するようにしてください。大人の感染は子供の場合と違い合併症につながる心配はありませんが、処方された薬は同じく飲み切るようにしてください。

溶連菌感染症の予防策は?

溶連菌感染症の予防接種はありません。飛沫(せき、くしゃみなど)で感染しますので、風邪などの他の感染症と同様に、手洗いとうがいの徹底が一番の予防策になります。マスクの着用も有効ですね。もし溶連菌感染症にかかってしまった家族がいる場合は、同じコップや食器は使わないようにしいましょう。

溶連菌の合併症は確かに怖い症状だと思いますが、薬をしっかり飲む等、適切な対処をしていれば何の心配のない病気ですので、ぜひこの機会に溶連菌感染症について覚えていただければと思います。

関連記事:手足口病の初期症状は痛い?子供がうつったら食べ物や外出に注意!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も見ています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ