手足口病の初期症状は痛い?子供がうつったら食べ物や外出に注意!

スポンサードリンク

 

手足口病は春から夏にかけて子供を中心に流行する疾患です。その名の通り手足や口の中に症状が出る病気で、大人も子供もうつる可能性がありますが、一般的には1~5歳くらいまでの幼児がかかりやすいと言われています。

手足口病の初期症状は風邪に似てることから夏風邪に間違えられやすいのですが、風邪の症状との違いを知っておけば早期に対処することが出来ると思います。

手足口病の初期症状は?痛みはあるの?

手足口病

手足口病のウイルス感染から発症までの潜伏期間は3~5日で、初期症状は口内に痛みを感じる程度ですが、その後口の中、手のひら、足の裏や足の甲などに2~3mmの水疱性の発疹が出てきます。

発疹が水泡状のため水ぼうそうと勘違いしやすいのですが、手足口病の場合はお腹や背中には発疹が出ないことが多く(お尻やひざに出ることはある)、その発疹の出る場所によって判別することが出来ます。ただ、全身に発疹が出てしまう場合は、水ぼうそうと見分けることは難しくなってしまいます。

症状の進み方としては、最初口内に白い点々が現れ、歯ぐき、舌、ノド、手の指の間、手のひら、手の甲、足の指の間、足の裏などに同様の発疹が出来、その後水泡に発達していくという流れです。

手足の発疹は痛みや痒みはありませんが、口内は痛みが出ることがあります。痛みがあると食欲が低下してしまう子供も多く、それが手足口病で一番親を悩ませる点だと思います。

その他の症状として、全体の3分の1程度に軽度の発熱、倦怠感、軽い下痢症状を伴うこともありますが、発疹は3~7日で消失し、ほとんどの場合は数日間のうちに完治します。

手足口病の原因や感染力は?

手足口病

手足口病は主に「コクサッキーA16ウイルス」と「エンテロウイルス71」というウイルスが原因で起こります。感染経路として多いのは、唾液などからうつる飛沫感染、排泄された便の中のウイルスが手などを介して口に入って感染する糞口感染、水疱から直接感染する接触感染がほとんどです。

そして感染する患者のほとんどが(90%前後)5歳以下の乳幼児が占めているため、保育施設や幼稚園などでは集団感染の可能性も高く注意が必要です。

感染力は特に便によるものが強く、2~4週間に渡ってウイルスが排出されます。また感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあるので、感染を予防するためには日頃からしっかりと手洗いやうがいを心がけたいところです。

手足口病の検査や診断は?

手足口病はほとんどが発疹の範囲と特徴を見るだけで診断できますが、はっきりしない場合は血液検査を行います。血液検査の場合は2週間程度空けて2度採血を行い、原因となるウイルスに対する抗体が1度目より2度目の検査の方が上昇していた場合手足口病だと診断します。

過去にかかったかどうかを調べたい場合は、1度の血液検査で十分です。便や喉を擦った綿棒などからウイルスを分離して確認する方法もありますが、時間と費用がかかるため現在は行われていないそうです。

関連記事:子供がかぜをひいた時の症状や対処法!早期発見で合併症を予防しよう!

手足口病が子供にうつった時の親の注意点!

手足口病

手足口病に特効薬はないため、特別な治療方法はありません。また基本的には軽い症状の病気ですので、経過観察を含め症状に応じた治療を行います。しかし、まれに髄膜炎や脳炎など中枢神経系の合併症などが起こる可能性があるため、

・高熱が出る

・発熱が2日以上続く

・嘔吐する

・頭を痛がる

・視線が合わない

・呼びかけに答えない

・呼吸が速くて息苦しそう

・水分が取れずにおしっこがでない

・ぐったりとしている

などの症状がみられた場合は、すぐにお近くの医療機関を受診しましょう。

一般的な予防対策としては手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。手洗いは流水と石けんで十分に行っていただき、タオルの共用は感染予防のため避けましょう。手足口病は治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますので、特におむつを交換する時には十分な注意が必要です。

野菜不足ですか?これで解消している人が急増中です!

痛みがあるときの食べ物や外出についての注意点!

スポンサードリンク

口内の痛みで食事が取りにくい場合は、軟らかく喉ごしの良い食べ物にして、脱水症状にならないように水分補給も小まめに意識してあげてください。離乳食の場合も喉ごしの良い食材や飲みこみやすい料理を心懸け、授乳中の乳児の場合一度に沢山飲めないときは、頻繁にほしがることがあるのを理解しておくと良いですね。

関連記事:汗をかく前に飲む!熱中症対策に知っておきたい経口補水液の作り方

外出については、手足口病はインフルエンザのように明確な基準は存在せず、赤ちゃん・幼児・子供・大人の区別なく「症状が落ち着いたらOK」が一般的な見解となっているのですが、発熱や発疹などが見られる場合は外出を控えるようにしましょう。

プールは水を媒介にしてウイルスが広がってしまうため、発疹が落ち着くまでは入らない方が良いと思います。咳やくしゃみでウイルスを拡散させてしまう事があるので、外出時には念のためにマスクをしておくと良いかもしれませんね。それらの点に注意して行動することで、感染を広げてしまう可能性も低くなると思います。

手足口病に感染したお子さんがもちろん一番辛いと思いますが、それにより行動が制限されるお母さんも大変ですよね。手足口病のウイルスは症状が安定しても腸内に長く滞在するので、完全に感染しなくなるまでは一ヶ月以上かかります。

その間外出しないわけにもいきませんし、このウイルスは自然界に多く存在するため、完全に予防することは不可能です。ウイルス性の病気は「他の子に感染させてしまうかも」と不安になると思いますが、症状が落ち着いてきたら近所での買い物や散歩くらいの外出なら大丈夫かと思います。

関連記事:溶連菌に子供が感染した時の初期症状は?薬と尿検査で合併症を予防

手足口病に限らず感染症予防の最も基本的な対策は、日ごろから規則正しい生活を意識することだと思います。それでもやはり完全に防ぐことは出来ませんので、かかってしまった時の対策としてこの記事が一つの手助けになれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も見ています

2 Responses to “手足口病の初期症状は痛い?子供がうつったら食べ物や外出に注意!”

  1. まま より:

    いま、手足口病にかかっている1歳半の娘がおりますが、おなかにも発疹がでています。
    場合によってはでる子もいるみたいですよ。

    • katochan-kenkou より:

      >ままさん
      貴重な情報ありがとうございます。
      うちの子がかかった時は、お腹には出なかったのですが、色々なケースがあるのですね。
      記事を訂正させていただきます。
      お子さんの発疹が早く治るといいですね。
      お大事にしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ