汗をかく前に飲む!熱中症対策に知っておきたい経口補水液の作り方

スポンサードリンク

 

これから暑くなる季節、汗をかく機会も増えると思いますが、汗をかいた時の対策で最も手軽に出来るのが水分補給ですね。でも汗をたくさんかいた時は水分補給だけでは対策できない場合もあります。

その理由は、汗をかくと水分だけでなく、ミネラルも一緒に排出されてしまうからで、大量に発汗した時は水分と一緒にミネラルも補給する必要があります。そんな時に役立つのが経口補水液(ORS)なんですが、家に常備してる方は少ないと思います。でも作り方を知っておけばいざという時安心ですね!

経口補水液ってどんな飲み物?

経口補水液 作り方

経口補水液とは、水にナトリウムとブドウ糖を一定の濃度で溶かし、体内に素早く水分や塩分などを吸収できるように作られた飲み物のことで、自宅でも水に食塩と砂糖を溶かし簡単に作ることが出来ます。クエン酸を加えることで水の吸収率がさらに高まりますので、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類の果汁を混ぜるのも良いですね。

熱中症による脱水症状の初期段階では、水だけを飲むよりもはるかに有効です。他にも風邪や腸炎による下痢や嘔吐の時や、二日酔いやこむら返りの緩和にも効果があります。スポーツドリンクと似ていますが、市販のものに比べて吸収率が高いのと、塩分が多くて糖分が少ないという点が違います。

最近では点滴のかわりに経口補水液を推奨する医師もいるそうで、血管を傷つけず同じ効果を得られるなら飲む方が手軽ですし、赤ちゃんなど点滴が難しい場合は逆に経口補水液の方が優れていると言えますね。

ヨーグルト900個分が1袋に!16種類のアレが効くってホント!?

経口補水液の作り方

経口補水液 作り方

経口補水液の作り方は、水1リットルに対して砂糖大さじ4杯半(40g)、食塩小さじ半分(3g)を入れ、溶けるまでかき混ぜたら完成です。先ほど書いたように、レモンやグレープフルーツの果汁を加えると、より水分の吸収が促されます。

緊急時の場合は、コップ1杯の水を沸騰させ(コンロがなければ水のままでもOK)、ひとつまみの塩と一握りの砂糖をよく溶かして出来上がりです。

果物の糖分を使い100%ジュースを使って作る方法もオススメです。100%リンゴジュース(720ml)、100%ミカンジュース(400ml)、100%グレープフルーツジュース(450ml)、これらのいずれかに塩(3g)を入れ、1リットルになるように水を混ぜてください。

経口補水液を飲むときの注意点

スポンサードリンク

経口補水液の基本的な飲み方は、500mlの量を1時間ほどかけ少しずつ飲む方法が推奨されています。経口補水液は基本的に美味しくありませんが、脱水状態になっているなど体が水分を欲している時は美味しく感じます。しかし、一気に飲んでしまうと吐いてしまう場合もあるので注意が必要です。

赤ちゃんの場合は体重1kgに対して50~100mlの量を3~4時間かけて飲ませてください。経口補水液は医師の指導のもとで飲むことが推奨されていますので、3ヶ月未満の赤ちゃんの場合は、まず小児科に症状を確認することをオススメします。

経口補水液は市販のものもありますので、作る時間のない方はそちらを利用しても良いと思います。

人は喉の渇きを感じた時はすでに脱水を起こしています。それを放置したままにしておくと気付いた時には熱中症に、なんてことにもなりかねませんので、汗をよくかく日は喉の渇きを感じる前にこまめに水分補給することを心がけてください。それでももし体に異変を感じた時は、経口補水液を少しずつ飲むようにして脱水症状の進行を予防しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も見ています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ