鈴木亮平が映画出演で30キロ増量!トレーニングと食事の方法とは

スポンサードリンク

 

毎回ストイックな役作りで話題の鈴木亮平さんが、映画「俺物語!!」の出演のために、今度はなんと30キロの増量を行ったそうです。

つい最近ドラマ「天皇の料理番」のために20キロも減量したばかりだったはずなのに、今度は全く正反対の役作りとは本当に驚きです。

しかも今回の増量にかけた期間はわずか40日間だったとか!

トレーニングと食事によって体重を増やしたそうですが、その方法を探ってみたいと思います。

鈴木亮平の体重の変化がすごい!

鈴木亮平 増量

鈴木亮平さんは2014年8月に公開されたアクション映画「TOKYO TRIBE」で、筋肉ムキムキの体を披露してファンを驚かせました。

左の画像がその時の写真です。

頭は金髪で真っ黒に日焼けした格闘家のようなイメージは、それまでの鈴木亮平さんからは想像できないキャラクターでした。

同時期に放送されていた連続テレビ小説「花子とアン」の鈴木亮平さんとは(右の写真)、とても同一人物とは思えませんね(笑)

ドラマの撮影が終了した10月頃までは、こんな感じでがっしりとした筋肉質の体型をしていました。

そこから約半年後に出演したドラマ「天皇の料理番」では、今度はガリガリに激痩せした姿に変身しています。

鈴木亮平

頬はこけ、首も喉仏がくっきりと浮かび上がっていて、筋肉質だった面影は全く消えてしまってますね。

鈴木亮平さんは半年間で20キロもの減量を行い、このような姿になったそうです。

ダイエットブームとも言われる昨今ですが、この鈴木亮平さんの変貌ぶりを見て、真似したいと思う方はいないのではないでしょうか。

それもそのはずで、鈴木亮平さんがこの役作りのために行ったダイエット法は、極端に食べる量を減らすとっても不健康な方法だったそうです。

身長が186センチと、とても長身の鈴木亮平さんですが、この時の体重はわずか56キロしかなかったそうですよ!

これはBMI数値にすると16.2しかなく、18.5未満は痩せ型と言われていますので、それよりもさらに細い体型だったわけですね。

そして今回の映画「俺物語!!」の出演に当たり鈴木亮平さんが挑んだのは、そこから30キロにも及ぶ増量でした。

まるでジェットコースターのような体重の変化ですね(笑)

鈴木亮平さんが40日間で56キロから86キロまで体重を増やした方法は、徹底したカロリーコントロールと、トレーニングによるものでした。

鈴木亮平が30キロ増量させた食事法とは?

鈴木亮平 増量

右の写真は25日に公開された「俺物語!!」の紹介画像です。

こうやって見比べてみると、30キロも体重が違うと顔のラインも全く変わるものですね。

鈴木亮平さんは「天皇の料理番」の役作りのために、食べないダイエットを行い無理に体重を減らしていました。

そのため撮影終了からわずか10日間で、20キロ落とした体重はリバウンドですっかり元通りになっていたそうです。

鈴木亮平さんが自身のコメントでも「絶対に真似しないで」と語っていたとおり、食べる量を減らすだけのダイエットは必ずリバウンドしますし、体に負担をかけ健康にも良くないので、ダイエットを行うときは食事の量ではなくカロリーを減らすようにして、逆に栄養はしっかりと取れるような食事を心がけていただきたいと思います。

話がそれましたね…

鈴木亮平さんは10日間で20キロリバウンドしたということですので、実際は残りの30日間で10キロの増量を行ったということになります。

それでも大変な数字には変わりないので、かなり無茶な方法であることは想像できますね。

今回の増量について鈴木亮平さんは「食べてない時間がないぐらい、とにかく食べました」とコメントしていて、やはりかなり無理して食事を詰め込む方法を実践したみたいです。

パンを主食にプロテインなどのサプリメントも利用したそうで、消化が早くてカロリーが摂取出来る食材を積極的に選んでいたようですね。

僕も経験がありますが、空腹感を我慢するのも辛いのですが、食欲が無い状態で食べるのも結構辛いものです。

特に1ヶ月で10キロも体重を増やそうとする場合、少しでも食べる量が少ないと増量が止まってしまうと思いますので、パンにたっぷりバターを塗るとか、プロテインもウエイトゲイナーを選んだりとか、脂肪や糖分を積極的に摂取してカロリーを稼いでいたと思います。

活力を求める中高年に必要なエネルギー系栄養素とは?マカの2倍の含有量って

鈴木亮平の増量期のトレーニング法とは?

スポンサードリンク

鈴木亮平さんは2013年に公開された映画「ガッチャマン」でも、トレーニングを行い15キロ体重を増量させたことが話題になりました。

その時鈴木亮平さんはトレーニングについて「インターネットでボディービルの聖書と呼ばれる本を買って勉強し、自分でプランを立ててこなしている」とコメントしていました。

ボディビルの聖書とはおそらく…

このような本だったと思うのですが、そこに掲載されているトレーニングメニューを参考にしたみたいですね。

今回の増量期間中も筋肥大を目標に週4回ジムに通っていたそうですが、トレーニングはボディビルダーが行う方法と同じだったと思います。

ほとんどのボディビルダーは「分割法」と呼ばれるトレーニング法を採用しているのですが、体の部位を4~6つに分けそれぞれの部位を1回のトレーニングで徹底的に鍛えます。

鈴木亮平さんも体を4分割して(例えば胸、背中、肩・腕、脚のように)、それぞれの筋肉を週4回のトレーニングで順番に追い込んだのだと思います。

そして見事に自己最高の86キロまで体重を増やすことに成功しました。

関連記事:同じく分割法を採用しボディビルコンテストに出場したオードリー春日さんのトレーニング方はこちら↓

オードリー春日の筋肉を作ったボディビルダーのトレーニングと食事

映画「俺物語!!」は10月31日から全国で公開されるそうです。

物語は主人公の高校生「猛男」の一途な恋を描く純情青春ラブストーリーで、32歳の鈴木亮平さんが15歳の猛男役をどう演じるのかが話題になっていますが、渾身の役作りで作り上げた鈴木亮平さんの体にも注目したいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も見ています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ