生パスタと乾麺の違いとは?カロリーやレシピ、簡単に出来る作り方

スポンサードリンク

 

生パスタはその名の通り「生」のパスタのことで、とても「もっちり」とした食感が人気を博しています。

一般の家庭で馴染み深いのは乾麺のパスタの方だと思いますが、生パスタと乾麺て何が違うのでしょうか。

生パスタのカロリーや、調理レシピ、そして自宅で生パスタを作る簡単な方法もご紹介します。

生パスタと乾燥パスタって何が違う?

生パスタ

乾麺のパスタ(スパゲッティやマカロニ)は、100%デゥラムセモリナ粉(黄色くてざらざらした小麦粉)を使用しており、セモリナ粉と水だけで練ります。

プリッとした歯切れがあり、伸びにくいので大量調理にも使えます。

ゆで時間は7分~9分が一般的ですね。

常温で保存ができ賞味期限も長いですが、湿気が多い環境だと品質が落ちてしまいます。

一方 生パスタ(生麺)はパン用の小麦粉を使い、薄力粉と卵( これは人や地方によって微妙に違うようですが・・・)で練ります。

モチモチとした食感が特徴で、麺を乾燥させないので素材の風味が際立ちます。

ゆで時間は1分半~4分と、乾燥パスタよりも少ない時間で茹で上がります。

ただ弱点としては、乾燥パスタに比べると伸びやすく、冷めると麺同士がくっつきやすくなるのと、賞味期限も短いものが多いですね。

水と混ぜて飲むだけで80種類の酵素がとれるフルーツ青汁

生パスタのカロリーはどのくらい?

生パスタ カロリー

乾燥パスタのカロリーは、茹でる前は100gあたり378kcal。

生パスタは茹でる前の状態で100gあたり288kcaと、100kcal近く乾燥パスタより低いです。

しかし、これは生パスタが乾燥パスタと比べて水分量が多いためで、茹であがった状態で比べると、乾燥パスタは100gあたり149kcal、生パスタは100gあたり125kcalと、その差は少なくはなりますね。

もし一人前を250gとした場合、生パスタの方が乾燥パスタより60kcalほどカロリーが低くなるという計算になります。

さらに生パスタは、もっちりとした歯ごたのため噛むのに時間がかかり、食べるスピードも自然とゆっくりになります。

その結果同じ量でも乾麺より満腹感が得られやすいため、ダイエットの時などは生パスタの方がオススメかもしれませんね。

生パスタを使ったレシピをご紹介!

生パスタ レシピ

【シンプル・クリームパスタ】(一人前)

【材料】

・生パスタ:一人前

・しめじなど好みのキノコ類:50g

・ベーコン:2~3枚

・塩&コショウ:少々

・生クリーム:100ml

・牛乳:50ml

・オリーブオイル:大さじ1

【作り方】

1.キノコ類とベーコンをフライパンで炒め、そこへ生クリームと牛乳を入れる。混ぜながら一煮立ちさせ、塩・コショウをくわえ、味を調える。

2.茹であがった生パスタにオリーブオイルを絡め、1で作ったソースをかけて完成!

作り方はとてもシンプルですが、生クリームの濃厚な味わいが楽しめますよ。

【送料無料!!】『生パスタ12食セット フェットチーネ』節電対応商品!!室温で約60日保存可能!

生パスタを自宅で簡単に作る方法!

スポンサードリンク

ここまで生パスタの魅力について色々ご紹介しましたが、生パスタを食べたくなった方も多いのではないでしょうか?(笑)

家庭で作るとなると大変そうだし、大型のスーパーなどに行かなければ手に入らないイメージの生パスタですが、たった一つの工夫で乾麺のパスタを生パスタのようにできる裏ワザがあるんです。

それは乾燥パスタを水につけるという何とも簡単な方法!

パスタが入る容器に水をたっぷり入れ、乾燥パスタをその中へ入れて1時間ほど放置するだけ。

1時間ほど水につけると、パスタは水を吸って真っ白になります。

水をタップリ吸って芯まで色が変わるのですが、カチカチだったパスタが竹のようにしなるようになったら出来上がりのサインです。

その状態のパスタのゆで時間は2~3分でOK!

見た目は、水につけたパスタも乾麺のままゆでたパスタも大差ありませんが、食べ比べてみると違いは歴然!

水につけた方はもちっとした食感があり、まるで生パスタのように噛めば噛むほど弾力を感じます。

水につけるだけで簡単にもっちりとした食感になり、ゆで時間も短くガス代の節約にもなる一挙両得な「生パスタ」。

あなたのご家庭でも一度試してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も見ています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ